薬剤師 業務のご紹介

医療、介護を陰で支えるスペシャリストをめざして

京都九条病院薬剤部は、超急性期から慢性期、先進医療から介護までカバーする地域のトータルヘルスケアグループです。同仁会にあって、医師はじめ他職種と緊密に連携し、オールラウンドに医療に参画する薬剤師のチームです。

調剤業務

電子カルテを利用した調剤支援システムを導入し、調剤過誤防止と業務の効率化を図っています。調剤時はお薬の内容と患者さんの服薬歴を確認し、用法用量、相互作用、重複など確認、またハイリスク薬に関しては腎機能・肝機能など検査データも合わせて確安全性を確認しながら調剤をしています。

注射剤無菌調整業務

薬剤師により、高カロリー輸液など感染リスクの高い輸液はクリーンベンチ内で無菌混合調製を行っています。抗がん剤については安全キャビネット内で行っています。また、閉鎖器具を用いて、患者さん、調剤者の暴露対策も行っています。

薬剤管理指導業務

入院患者さんに、薬剤の効能・効果、副作用、服用上の注意事項などを説明し、適正に服薬してもらうよう指導しています。また、薬の効果、副作用や検査データなどのモニタリングを行っています。

チーム医療

各チームに所属し、医師、看護師、メディカルスタッフと連携し、回診やカンファレンスを行っています。薬剤師としての専門性を活かしつつ、患者さん一人ひとりに合わせた薬物療法を提供しています。※NST(栄養サポートチーム)、ICT(感染制御チーム)、周術期管理チーム、糖尿病予防診療チーム、緩和ケアチーム、K-SMART(京都スポーツ医学・リハビリテーションチーム)など

周術期の安全な薬物療法をサポート

当院では消化器がん手術患者さんの早期回復を目指し、ERAS(Enhanced Recovery After Surgery;術後回復強化)プロトコールを導入しています。ERASチームに薬剤師が参加していることはまれですが、当院ではチーム結成時から薬剤師が参加し、手術後の悪心嘔吐のリスク評価や疼痛管理の質的向上のための疼痛評価を通じて、患者さんの早期回復をサポートしています。
また、手術目的で入院される患者さんの服薬歴を事前に調査し、抗血小板薬や抗凝固薬など休薬が必要な薬剤のチェックを行い、患者さんが安全に手術を受け、周術期を安全に過ごせるように努めています。

薬局内カンファレンス

毎週、順番に担当となり、症例の検討や薬剤師間で共有するべき問題や知識についてカンファレンスを行っています。 カンファレンスの内容については事前に知らせておき、質問や疑問を準備することで、カンファレンスが有意義なものとなるように努めています。このカンファレンスを通して、先輩から後輩へのアドバイスや後輩からの新鮮な意見により薬剤師間の差を埋め、問題解決に必要な考え方や知識向上につなげています。

化学療法の薬学的ケア

当院では、化学療法を受けるすべての患者さんにおいて、レジメン(がん治療の計画書)チェック、治療の概要、副作用など医師や看護師と協力しながら説明を行っています。
外来化学療法は、仕事や家庭の両立をしながら治療を受け、継続できることが重要であり、日常生活が損なわれないことが大切です。