医療法人同仁会(社団)京都九条病院

皆さまの中核病院として、急性期医療からリハビリ〜在宅介護まで。

当院について

About

本当に地域に根差した医療こそ、
京都九条病院の目指す21世紀医療の原点であると考えています。

医療法人同仁会(社団)京都九条病院 院長
山木 垂水

01

質の高い医療サービス質の高い医療サービス

質の高い医療サービス

南区の中核病院として質の高い医療サービスをご提供するため、最新の設備を導入し、優秀な医師や看護師、メディカルスタッフが協力して、患者さまにとってベストな治療・ケアを行っています。そして同仁会グループの各施設と連携し、継続性のあるトータルなケアのご提供を目指しています。

02

救急医療への取り組み救急医療への取り組み

救急医療への取り組み

救急専門医を中心に、迅速かつ的確な急性期医療を実践。麻酔科指導医、集中治療専門医認定医、脳卒中看護のスペシャリストであるSCU看護師などが所属し、24時間365日緊急手術に対応できる体制を整えています。

03

シームレス医療の実践シームレス医療の実践

シームレス医療の実践

患者さまひとりひとりの状態やニーズに対応した医療サービスをご提供するため、各科目、各スタッフが連携して行うシームレス医療を実践。すべての医師が患者さまの状態や治療などの情報を共有し、看護師やコメディカルスタッフとの連携を図ることでベストな治療・ケアを行っています。

04

ホスピタリティあふれる快適な環境ホスピタリティあふれる快適な環境

ホスピタリティあふれる快適な環境

患者さまやご家族が安心して療養に専念していただけるよう、メンタル面を重視した環境づくりを大切にしています。それは分かりやすい丁寧な診察やアドバイス、患者さまの負担を軽減する各施設の導線、快適性を重視した診察室やディルームなど多岐に渡ります。

05

私たちが笑顔でお迎えいたします。私たちが笑顔でお迎えいたします。

私たちが笑顔でお迎えいたします。

当院では、ご来院いただいたすべての方にご不便をおかけしないよう、受付フロアにて専門スタッフ(ゲストリレーション)がご案内させていただいております。診察やお見舞等のご相談から、院内外に関するすべてのご質問・ご要望などなんでもお気軽にお尋ねください。

06

心を癒す看護サービス心を癒す看護サービス

心を癒す看護サービス

救急医療を強化した地域の中核病院である当院では、病気やけがをされ辛い思いをされている患者さまやご家族さまが、気持ちから元気になっていただけるよう質の高い看護サービスとともに、心に寄り添った看護を実践しています。

07

最新の技術と設備で医療を支えます最新の技術と設備で医療を支えます

最新の技術と設備で医療を支えます

最善の医療を支えるために常に最新で最高の検査を目指しています。また各専門の検査センターを設け、患者さまの安心と安全をお約束します。

08

お薬のスペシャリストお薬のスペシャリスト

お薬のスペシャリスト

医療、介護の現場で欠かせないのが様々なお薬で、最新の医療には特に欠かせません。当院の薬局は、お薬を処方するだけではなく、医師をはじめ他職種と緊密に連携し、地域医療への視野と見識を持ったオールラウンドスペシャリストを追求しています。

診療科目のご案内

Menu

  • 内科系
  • 外科系

内科系

内科

内科は医学の原点、あるいは臨床医学の根幹とも言われる分野です。病院ではさまざま症状をもった患者さんが最初に訪れる“窓口”的な存在でもあります。

内科では問診に始まり、聴打診、触診などの身体的診察、基本的な血液検査、レントゲン検査といった診療の流れのなかで、患者さんの病状を分析し、病態を把握していきます。一過性の病気や軽い病状であれば、一貫して治療まで進むことになります。

このように、受診のきっかけとなった症状を把握し軽減する初期診療、初期治療を担当します。一方、より専門的な検査や治療が必要と判断された場合は、それぞれの専門内科(循環器内科、消化器内科、糖尿病内科、腎臓内科など)、あるいは必要に応じて外科的診療科へ紹介させて頂くことになります。

ひとりの患者さんがひとつの病気だけを抱えているとは限らず、また、ひとつの病気が多臓器の合併症を引き起こすこともあります。

それらを見逃さず、全身を把握するプライマリーケアとしてとても大切な診療科です。

循環器内科(心血管センター)

当センターでは京都南部地域を中心として、主に循環器疾患の診断、治療を行っております。今年春より最新のマルチスライス冠動脈CT、血管造影装置を活用することにより一層虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞等)の正確かつ迅速な診断かつ治療が可能となりました。

今後当院内だけではなく、近くの開業医の先生方と緊密に連携をとりながら24時間体制の下、循環器疾患で困っておられる患者さんをできるだけ減らすことで地域全体に良好な循環器医療をお届けできることに貢献していきたいと思います。

また高血圧、高脂血症、糖尿病のような生活習慣病につきましては個々の患者さんに見合ったきめ細やかなオーダーメイド医療が早期より必要とされてますので、しっかり患者さんとコミュニケーションをとりながら対応していきます。

当センターでは虚血性心疾患、閉塞性動脈硬化症に対しましてはカテーテル治療を選択していただく場合が多いですが、できるだけ患者さんにやさしい治療(症例にもよりますが、たとえば手首の血管からのカテーテル治療等)を積極的に選択していくことで早期に退院していただく予定です。

心筋梗塞をはじめとしり急性期疾患については24時間体制の下、主にカテーテル治療を施行することで適切な対応をさせていただいております。近い将来、さらなる高齢化社会到来において症例が増加した場合に対応できるように、常に最新の医療を提供できる循環器専門医、カテーテル専門看護師、臨床工学技士、放射線技師が待機し、術後もきめ細やかな管理を隣接した集中治療室でさせていただいております。

このように充実した環境において個々の患者さんに応じた対応により、京都南部を中心とした地域にしっかり根付く循環器医療を目指していきたいと思います。

消化器内科

消化器内科は食道、胃、十二指腸、小腸、大腸といった消化管にくわえ肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓など腹部臓器の病気を診る内科です。このように多臓器の疾患を扱うため患者さんの訴えも非常に多彩ですが、それらの症状から原因を推察し、内視鏡、エコー、CT、MRIなどの画像検査で診断するというのが一般的な診療の流れです。

消化器内科で使用する薬剤も選択肢が広がり、患者さんの病状によりきめ細やかに対応できるようになりましたが、なかには高い専門性を必要とするものもあります。また、薬物治療のみならず、内視鏡を用いた治療のめざましい発達もこの分野の特徴です。そのため、スタッフには消化器病あるいは内視鏡の学会指導医・専門医をそろえ、常に専門性の高い診療を提供するよう心掛けています。

そしてその診療の基盤となるのがこのたび新設された内視鏡センターです。ここには最新の内視鏡診療機器が導入されており、カプセル内視鏡検査も含めた最先端の検査、治療を安心して受けて頂くことができます。

一方、迅速な救急対応も当院の特徴のひとつです。急性腹症という直ちに外科的手術など緊急処置を必要とする病態に対しても、消化器外科と密接な連携を持って24時間対応しています。

糖尿病内科

糖尿病はインスリンという血糖を下げるホルモンの分泌や効き目が悪くなって血糖が上昇する病気です。

問題は長期に血糖が高い状態で経過すると、よく知られている腎臓、神経、眼の合併症以外にも、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中、癌、認知症など、さまざまな病気が発症し易くなることです。

糖尿病の治療は短期間では完結せず、血糖を長期にわたり良い状態にコントロールしておく必要があります。短期的に血糖が上昇しても、それを長引かせることなく、根気よく付き合わなくてはなりません。

そのためにはただ薬で血糖を下げると良いう考え方ではだめで、医師だけでなく糖尿病療養指導士の資格をもったスタッフ、また患者さんのご家族の力も借り、生活スタイルの見直しを真っ先にする必要があります。

その中で、糖尿病との上手な付き合い方を見つけていただこうと思っています。

糖尿病になったことを一病息災と考え、自分の健康に常に留意し、他の疾患の併発を起こさないように心がけていただければ、全く病気を持っていない方以上に「健康的な」生活を送っていただけるものと考え、そのお手伝いをしたいと思っています。

腎臓内科

循環器内科

京都南部地域を中心として、主に循環器疾患の診断、治療を行っております。今年春より最新のマルチスライス冠動脈CT、血管造影装置を活用することにより一層虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞等)の正確かつ迅速な診断かつ治療が可能となりました。

今後当院内だけではなく、近くの開業医の先生方と緊密に連携をとりながら24時間体制の下、循環器疾患で困っておられる患者さんをできるだけ減らすことで地域全体に良好な循環器医療をお届けできることに貢献していきたいと思います。

呼吸器内科

外科

京都九条病院の外科、消化器外科では主に消化器系のがんの治療を行っております。全員、この分野で10年以上の経験を持ち、高いレベルの知識・技術を誇るスタッフです。年間の手術例は胃癌約20例、大腸癌30例、肝臓、胆道、膵癌約20例で、その他の症例と合わせて約200例を数えます。

当院は、南区で消化器系癌の手術や抗癌剤による治療を行うことの出来る数少ない病院です。確かな実績があり、高度な専門知識を備えたスタッフが揃っていますので、遠くの病院まで出かけていただかなくても、安心して専門的な治療を受けていただけます。

消化器系癌のうち、胃癌、大腸癌に対しては、開腹手術のほか内視鏡手術による治療を行っています。腹腔鏡手術は、手術の際の傷が格段に小さくてすむため、体力が温存でき、術後の回復が早いので、患者さんの負担が大きく軽減されます。

肝臓癌の治療では、肝臓切除手術、肝動脈化学塞栓療法、ラジオ波による腫瘍焼灼術の3つの療法を使い分けて治療を行っています。切除した場合の入院は2週間、肝動脈化学塞栓療法で治療した場合は1週間、ラジオ波による腫瘍焼灼術の場合は1泊2日で退院できます。

胆嚢結石症に対しては腹腔鏡下に手術を行っておリますが特に炎症所見の少ない患者さんにはキズの目立たない単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っております。また、鼠径ヘルニア(いわゆる脱腸)にも症例に併せた術式の選択をしていただけます。患者さんの要望が強いことから平成23年4月より毎週水曜日の夕方に「ヘルニア、胆石外来」を開設いたしました。

治療を受けていただくにあたっては、一方的に治療法を押し付けたりせず、患者さんが納得し、安心して手術を受けていただけるよう、じっくり話をします。患者さんが何を不安に思っておられるのか、どこでひっかかっているのか、よく聞いてひとつひとつを分析し、その上で、得心した顔をされるまで丁寧に説明をするようにしています。

癌は早期発見、早期治療が何より大切です。私たちスタッフが最高の医療サービスを提供致しますので、安心して受診してください。

消化器外科

京都九条病院の外科、消化器外科では主に消化器系のがんの治療を行っております。全員、この分野で10年以上の経験を持ち、高いレベルの知識・技術を誇るスタッフです。年間の手術例は胃癌約20例、大腸癌30例、肝臓、胆道、膵癌約20例で、その他の症例と合わせて約200例を数えます。

当院は、南区で消化器系癌の手術や抗癌剤による治療を行うことの出来る数少ない病院です。確かな実績があり、高度な専門知識を備えたスタッフが揃っていますので、遠くの病院まで出かけていただかなくても、安心して専門的な治療を受けていただけます。

消化器系癌のうち、胃癌、大腸癌に対しては、開腹手術のほか内視鏡手術による治療を行っています。腹腔鏡手術は、手術の際の傷が格段に小さくてすむため、体力が温存でき、術後の回復が早いので、患者さんの負担が大きく軽減されます。

肝臓癌の治療では、肝臓切除手術、肝動脈化学塞栓療法、ラジオ波による腫瘍焼灼術の3つの療法を使い分けて治療を行っています。切除した場合の入院は2週間、肝動脈化学塞栓療法で治療した場合は1週間、ラジオ波による腫瘍焼灼術の場合は1泊2日で退院できます。

胆嚢結石症に対しては腹腔鏡下に手術を行っておリますが特に炎症所見の少ない患者さんにはキズの目立たない単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っております。また、鼠径ヘルニア(いわゆる脱腸)にも症例に併せた術式の選択をしていただけます。患者さんの要望が強いことから平成23年4月より毎週水曜日の夕方に「ヘルニア、胆石外来」を開設いたしました。

治療を受けていただくにあたっては、一方的に治療法を押し付けたりせず、患者さんが納得し、安心して手術を受けていただけるよう、じっくり話をします。患者さんが何を不安に思っておられるのか、どこでひっかかっているのか、よく聞いてひとつひとつを分析し、その上で、得心した顔をされるまで丁寧に説明をするようにしています。

癌は早期発見、早期治療が何より大切です。私たちスタッフが最高の医療サービスを提供致しますので、安心して受診してください。

脳神経外科

京都九条病院脳神経外科は、脳神経外科専門医4名の常勤医と1名の非常勤医にて、24時間体制で脳神経外科救急医療に携わっています。まず大きな診療の柱は脳卒中の急性期治療です。脳卒中センターを設立し、脳梗塞急性期医療では、tPAの全身投与といった血栓溶解療法はもちろんのこと、それらと組み合わせた脳血管内からのカテーテル治療を超急性期に行い、患者さんの機能予後の改善を図ることを目的に日夜治療に望んています。また、くも膜下出血においても可能な限り急性期に脳動脈瘤の再破裂防止のためクリッピング術や脳動脈瘤瘤内コイル塞栓術を患者さんの状態に合わせて選択、施行し、術後集中治療を行っています。また脳内出血においても必要に応じ開頭血腫除去術や定位的脳内出血除去術を行っています。また、もうひとつの柱としては、重症頭部外傷の治療です。重症頭部外傷においては、一刻も早く手術治療を行い、その後は頭蓋内圧や脳温を測定しながら、機能予後の改善の為、神経集中治療を施しています。現在当院は日本脳神経外傷学会頭部外傷データバンク登録施設として、全国20施設の中に参加しています。

これら脳卒中、重症頭部外傷においてリハビリテーション科と連携し、早期リハビリテーションを実施し、機能の改善を出来る限り早期に行っています。

それら以外にも、良性脳腫瘍、頭蓋底腫瘍の外科的治療や顔面けいれんや三叉神経痛の外科的治療、頸動脈狭窄に対する外科的治療等、脳神経外科一般の多くの疾患に対し治療を行っています。

脳神経疾患でお困りやお悩みの際には、当科外来にて、いつでもご相談を受け付けておりますので、お気軽に受診して下さい。

泌尿器科

麻酔科

現在、日本では麻酔科医不足が深刻な問題になっています。手術数が増加し、麻酔科へのニーズが高まっているにもかかわらず、全国9000病院のうち、麻酔科専門医が常勤している病院は1割程度といわれています。これでは安心して手術を受けることができません。

このような状況の中、当院では麻酔科専門医よりさらに上位の資格である麻酔科指導医が2名常勤しています。さらにペインクリニック担当の麻酔科指導医1名と麻酔担当の麻酔科専門医1名が非常勤として勤務しています。当院でおこなわれる手術は、このような非常に専門性の高い、きわめて安全な環境で施行されています。

救急科

京都九条病院では、常時、全科で救急対応しています。10名以上の医者で救急車を迎えることもしばしばあります。複数の医師で初療を行い、そののちに主治医を決めて専門的治療に移る。だから、本当に緊迫したときの問題解決のためのスピードは、おどろくべきものがあります。このシステムは全国の学会でも紹介されました。

救急室をバックアップするのは、手術室とICUです。いずれも24時間体制で待機しています。急性心筋梗塞、消化管出血,脳梗塞や脳出血などの超緊急症例は当院の得意とするところです。

歩いて来られる患者さんの中にも意外な重症疾患をかかえた方がおられます。これを発見するのも救急の責務と考えています。そこで、救急車以外の時間外対応も24時間行っています。診察時間外に薬の定期処方や慢性期の日常診察を受け入れることはできませんが、本当に急病のときには朝まで待たずにいつでも受診してください。頼れるでありたいと考えています。

リハビリテーションセンター

障がい者の機能回復練習から社会復帰までの一貫した援助サービスを行う施設のことを表します。来談者の受理、診断・評価、心理的援助、更正意欲の促進、適応能力開発練習等を通じて、自立性・共存性の向上を図り地域の中で健常者と助け合いながら暮らしていくことに取り組む施設です。

膝関節センター

当センターでの治療には、人工関節をはじめとする手術治療から、病院施設やスポーツジムを利用したリハビリテーションまで、“様々な選択肢”があります。

当センターは若年者から高齢者に至るまで、膝関節疾患に特化した専門治療施設として立ち上げました。膝関節疾患と言っても多岐に渡り、活動性の高いスポーツ選手のものから、年齢やリウマチなどの炎症性疾患の進行とともに膝が変形して痛みが生じる変形性膝関節症まで、患者さんの年齢や疾患のバックグラウンドも個人個人で異なります。私どもは最新かつ最高の医療を提供できるよう、患者さまの状態に応じて治療方法を選択するオーダーメイド治療で、日々、診療を行っています。そして、患者さんの心を癒すハートを持って治療に当たることも大切にしています。私たちスタッフは決して人としての真心、暖かい人情を忘れないよう心がけております。

関節・スポーツ整形外科センター

肩・肘関節やスポーツ関連疾患を中心に診療をしております。特に肩関節はより専門的な診療が可能です。関節・スポーツ整形外科センターでは、関節疾患やスポーツに関連する外傷・障害、特に肩・肘・股・膝・足関節を中心に、予防から復帰までの一貫した治療・マネージメントを行っています。

各関節に不安を抱える中高年の患者様から、スポーツ外傷・障害に悩む方は是非ご相談ください。競技レベル、個人やチームの別も問いません。個人的に身体のコンディショニングを行いたい、チームでメディカルチェックを受けたい、予防法や治療法を相談したいなど、お気軽に御相談下さい。また、患者様本人だけでなく、指導者・保護者の方々の理解や協力も、予防や治療の大きな力になると考えています。是非とも、ご一緒に受診されることをお勧めします。

外来担当医一覧

Doctor

  • 総合診療
    外来
  • 内科
  • 循環器
    内科
  • 消化器
    内科
  • 糖尿病
    内科
  • 外科
  • 消化器
    外科
  • 整形外科
  • 脳神経
    外科
  • 泌尿器科
  • 麻酔科

総合診療外来

午前
(9:00〜12:00)
当日
担当医
当日
担当医
当日
担当医
当日
担当医
当日
担当医
当日
担当医
-
※当日の担当医について、詳しくはお問い合わせください
午前
(9:00〜12:00)
宮脇・川本 奥田・藤野 大門 光藤・畠山 小西 - 担当医
予約診 喜多
(13:00~15:00)
- - - 大門
(13:00~15:00)
- -
夜専門外来
(17:30~20:00)
担当医 - 田中(スポーツ内科) - - - -
午前
(9:00〜12:00)
清水
嶋津(ペースメーカー外来)
(第4週のみ)
福地 清水 嶋津
安(不整脈外来)
(第2週のみ)
担当医 福地
嶋津(ペースメーカー外来)
(第4週のみ)
-
予約診 嶋津
(13:30~16:30)
- 担当医
(13:00~16:00)
- - - -
夜専門外来
(17:30~20:00)
嶋津 - - - - - -
午前
(9:00〜12:00)
宮脇・川本 奥田・藤野 大門 光藤・畠山 小西 - -
予約診 喜多
(13:00~15:00)
- - - 大門
(13:00~15:00)
- -
夜専門外来
(17:30~20:00)
- - - - - - -
午前
(9:00〜12:00)
- - 担当医 - 江端 担当医 -
予約診 江端
(14:00~16:00)
江端
(14:30~16:00)
- - - - -
夜専門外来
(17:30~20:00)
- - - - - - -
午前
(9:00〜12:00)
吉岡 米花 北川 吉岡 甲原 須知・北川 担当医
予約診 - - - - - 詳しくはお問い合わせ下さい。救急・急患はいつでも受け付けております。
夜専門外来
(17:30~20:00)
- - 胆石・ヘルニア外来(北川/須知)(17:30~19:30) - -
午前
(9:00〜12:00)
吉岡 米花 北川 吉岡 甲原 須知・北川 -
予約診 - - - - - 詳しくはお問い合わせ下さい。救急・急患はいつでも受け付けております。
夜専門外来
(17:30~20:00)
- - 胆石・ヘルニア外来(北川/須知)(17:30~19:30) - -
午前
(9:00〜12:00)
不定期診療 四本
(肩・スポーツ)
大槻
(膝)
三光寺 渡邉
(膝)
担当医 -
予約診 - 担当医第1・2・4・5 14:00~16:00
■四本(スポーツ整形外科)第2・4(火)14:00~17:00
■楠崎(腫瘍外来)(水)13:20~16:00 - - - -

※整形外科外来は完全予約制です。予約の無い新患(初診の方)の受付は午前11:00迄です。予約の方が優先となります。

午前
(9:00〜12:00)
榊原 橋本 平井 榊原 山木 平井 -
夜専門外来
(17:30~20:00)
- - 平井 - - - -
夜専門外来 - - - - 担当医
18:00~20:00
- -

※月曜日は予約診(入院)のみ、金曜日の受付時間は17:00~19:30です。

予約診 - 担当医(ペインクリニック)14:30~16:30 - - - - -

診療時間・アクセス

Access

診療時間

午前9時〜12時

  • 土・日・祝祭日も診療。
  • はじめての方は保険証をお持ちください。

緊急・入院

救急指定・入院随時

救急・急患の方はいつでも受け付けております。

075-691-7121

  • 救急外来の際には、できるかぎりで結構ですので、以下の物をお持ちください。
    ●健康保険証(各受給者証等)
    ●当院の診察券(以前に当院に受診されたことがある場合)
  • 重症の方を優先して診察いたします。お待ちいただく場合もありますので、ご了承ください。

医療法人同仁会(社団)
京都九条病院

〒601-8453
京都市南区唐橋羅城門町10
TEL:075-691-7121(代)

バスでお越しの方
JR、地下鉄、近鉄「京都駅」より / 16・78・208系統
JR「西大路駅」より / 202・208系統
地下鉄「九条駅」より / 78・202・208系統
近鉄「東寺駅」より / 78・202・208系統
いずれの系統でも「羅城門」バス停下車 徒歩約3分
車でお越しの方
京都九条病院敷地内に駐車場はございません。
お車でお越しの際は、提携駐車場(隣接する京都メディックス駐車場)をご利用ください。
Top