がん化学療法委員会

がん化学療法とは

 点滴や飲み薬の抗がん剤を使って治療する方法です。抗がん剤は直接がん細胞を攻撃したり、がんに栄養を運ぶ血管を作らないようにしてがんの勢力を弱めたりと、いろいろな方法でがんが増えるのを邪魔して、がんが死滅する、小さくなる、成長が遅れるなどの効果が期待できます。一方、がん細胞だけでなく正常な細胞が増えるのも邪魔するために副作用が起こります。
 最近は治療の薬だけでなく、副作用を和らげる薬(支持療法薬)も進歩して、仕事や家事などの日常生活と治療を両立できるようになってきました。初回は入院で点滴治療を行い副作用の有無を確認して、異常が無ければ2回目から通院で点滴治療ができます。

治療の間隔と期間

 抗がん剤を投与した後は、休薬して体力を回復させるというスケジュールを繰り返します。治療の間隔は、1~3週間に1回点滴治療して2~3週目は休みなど、がんや薬の種類によって異なります。
 治療期間は、術前・術後化学療法は決まっていますが、進行・再発期間は期間が決まっていないので、効いている期間は体力などをみながら継続することが多い現状です。

外来化学療法室

 通院で抗がん剤の点滴治療を受けられる方専用の場所です。初めて利用される患者さんには、化学療法室でオリエンテーションを行い、治療の流れを理解されたうえで受けて頂けるようにしています。抗がん剤点滴は2時間以上かかる場合が多く、患者さんがより快適・安全・安心に、治療が受けられる空間として開放的に、リラックスできるように心がけています。専属の看護師が見回りますので安心して休んで下さい。

 点滴中は軽い飲食や、ご家族の付き添いも可能です。ご自分の楽な姿勢で受けることができて、歩いてトイレも行けます。また、持ち込みで本や雑誌、イヤホン装着し音楽やラジオを聴くこともできます。
 病状や治療の不安や生活面等でお困りのことがあれば何でも相談してください。

外来化学療法受診の流れ

受付

 再来機で受付をして化学療法室の前でお待ちください。
(血液検査が先にあります。9:00に来院ください。)

問診

 看護師が前回の治療後の体調を確認し血液検査、血圧、体温、体重測定します。

診察

 医師の診察があります。

化学療法

 点滴治療を開始します。

会計

 飲み薬がある方は処方箋がでます。
(調剤薬局で飲み薬をもらい帰宅してください。)

患者さんとご家族が、安全で質の高い治療ができるように多職種がチームを組んでサポートします。

 外来化学療法は、入院から通院へと治療が移行します。そのため入院に比べ医療者が側にいない、自分で判断しなければならない事が多くなります。ご心配なことは、できるだけ早期に解決できるよう一緒に考えさせていただきます。安心して治療生活を送っていただけるよう、チームで協力し取り組んでいきます。