外科/消化器外科

Surgery / Digestive surgery

診療科の紹介

 当院の消化器外科では、食道癌・胃癌・小腸癌・大腸癌・直腸癌・肝臓癌・胆道癌・膵臓癌といった悪性疾患、胆嚢結石症・鼠径ヘルニアといった良性疾患、胃十二指腸潰瘍穿孔・小腸穿孔・大腸穿孔・急性虫垂炎・急性胆嚢炎・消化管出血といった急性疾患、これらに対して手術治療を行っています。 

外来表

午前
(9:00~12:00)
吉岡 名幸 北川 米花
(緩和ケア)
甲原 須知・北川 担当医
夜間専門外来
(17:30~20:00)
- - 北川/須知
(胆石・ヘルニア外来)
(17:30~19:30)
- - - -

担当医

吉岡 裕司

専門 外科部長、消化器外科
資格・所属 ・日本外科学会 外科専門医
・日本消化器外科学会 消化器外科認定医
・身体障害者福祉法指定医
・日本救急医学会 救急科専門医
・日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医

病状を見極め、対話を重ね最適な治療法をご提案しています。
 私たちが一年間に手がける手術の数は約200例。これは当院の規模からすると多い数字といえるでしょう。しかし、私たち外科医は手術がすべてとは考えていません。手術を受けられない患者さんには抗がん剤などを使用する内科治療をお勧めしたり、痛みをやわらげるためのケアを提供しています。
 常に患者さんの病状を見極めたうえで、患者さん・ご家族との対話を重ねながら最適な治療法を導き出すことをこころがけています。

北川 一智

専門 外科・消化器外科部長
資格・所属 ・日本外科学会 外科専門医及び指導医
・身体障害者福祉法指定医
・日本消化器外科学会 消化器外科専門医及び指導医
・日本救急医学会 救急科専門医
・日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
・検診マンモグラフィ読影認定医

豊富な経験と優れた技術を持つスタッフが、高度ながん治療を行っています。
 消化器外科は、3人の専任医と京都府立医科大学の非常勤医3人の計6人の体制で、主に消化器系のがん治療を行っています。すべての医師がこの分野で10年以上の経験を持ち、高いレベルの知識・技術を備えたスペシャリストです。
 当院は南区で消化器系がんの手術や抗がん剤による治療を行う数少ない病院で、年間約200例(胃がん約20例、大腸がん約30例、肝臓・胆嚢・膵臓がん約50例)の手術を行っています。そして最新の設備と治療法を導入し、最高の医療サービスを提供しています。

患者さんが安心して治療を受けられるよう、メンタル面のケアも大切にしています。
 近年、がんが見つかった場合、患者さん本人に告知することが当たり前になってきました。それは、患者さん自身が病気と向き合い、前向きに治療に取り組む気持ちを持っていただくためです。
 そして治療を受けていただく場合は、一方的に治療法を押しつけるのではなく、患者さんが納得し、安心して手術を受けていただけるよう、しっかりと対話することを大切にしています。
 がんは早期発見・早期治療が何よりも重要です。私たちスタッフが最高の医療サービスを提供しますので、安心して受診してください。

須知 健太郎

専門 外科・消化器外科
資格・所属 ・日本外科学会 外科専門医
・身体障害者福祉法指定医

診療をするにあたり大切にしていること
 専門用語をひかえた、できるだけわかりやすい説明を目指しています。その上で、十分理解、納得をしていただいてから治療を受けていただきたいと考えております。

患者さん、ご家族に向けて
 患者さん側から指摘されて、初めて気付かされる事も多々あります。疑問や不安は気兼ねなくお申し付けください。

名幸 義仁

専門 外科
資格・所属 ・日本外科学会 外科専門医
・医学博士
・日本消化器外科学会 消化器外科専門医
・日本がん治療認定医機構 消化器がん外科治療認定医

来院される患者さんの為に頑張ります。

診療実績

 私たちは、患者さんへの侵襲の低下を目指し、可能な限り鏡視下手術の導入を目指しています。
 昨年度は、手術件数が314例ありました。全身麻酔手術が255例、そのうち鏡視下手術症例が224例で、全体の88%となりました。臨時手術件数は53例あり、そのうち鏡視下手術は48例、臨時手術全体の91%でした。
 疾患別では、胃癌が24例(腹腔鏡24例)、結腸・直腸癌が44例(腹腔鏡44例)、結腸・直腸良性疾患が10例(腹腔鏡10例)、食道癌が2例、肝臓癌が7例(腹腔鏡4例)、膵臓癌が4例(全例開腹手術)、胆嚢摘出が81例(81例)、虫垂切除が22例(腹腔鏡22例)、ヘルニアが37例(腹腔鏡36例)でありました。

症例

チーム医療