内科/総合診療科

Internal Medicine

診療科の紹介

 内科は医学の原点、あるいは臨床医学の根幹とも言われる分野です。病院ではさまざま症状をもった患者さんが最初に訪れる"窓口"的な存在でもあります。
 内科では問診に始まり、聴打診、触診などの身体的診察、基本的な血液検査、レントゲン検査といった診療の流れの中で、患者さんの病状を分析し、病態を把握していきます。一過性の病気や軽い病状であれば、一貫して治療まで進むことになります。このように、受診のきっかけとなった症状を把握し軽減する初期診療、初期治療を担当します。一方、より専門的な検査や治療が必要と判断された場合は、それぞれの専門内科(循環器内科・消化器内科・糖尿病内科・腎臓内科など)あるいは必要に応じて外科的診療科へ紹介させて頂くことになります。
 ひとりの患者さんがひとつの病気だけを抱えているとは限らず、また、ひとつの病気が多臓器の合併症を引き起こすこともあります。それらを見逃さず、全身を把握するプライマリーケアとしてとても大切な診療科です。

外来表

内科

午前
(9:00~12:00)
宮脇 奥田・藤野 大門 光藤 小西 水野 担当医
予約診 - - - - 大門
(13:00~15:00)
- -
夜専門外来
(17:30~20:00)
担当医 - - - - - -

総合診療科

午前
(9:00~12:00)
担当医 担当医 担当医 担当医 担当医 担当医 -

担当医

芝田 康子

専門 ・呼吸器内科、内科一般
・予防医学(健診、人間ドッグ)
資格・所属 日本医師会 認定産業医、日本医師会 認定健康スポーツ医

 私は医師であると共に、家庭では3人の子どもを持つ母親でもあります。日々、患者さんと接する中で、女性・母親にしか分からない訴えや悩みを多く聞きます。そのような患者さんの声に対しても、同じ女性として、また母親として考え、アドバイスできるのではないかと思っています。どんなことでも結構ですので、ひとりで悩まず相談してください。